サマーウォーズ

自己紹介から間が空いてしまいましたが初の備忘録を書きたいと思います。



第1回目は2009年8月1日に公開したアニメーション映画で、細田守さんが監督している「サマーウォーズ」を紹介します。
いきなりアニメ映画かよ・・・と思われる方も多そうですが、僕が初めて劇場で3回観た映画なんです、思い入れありますので紹介させてくださいな。
テレビで放送もされたことがあるので知ってる方も多いのではないでしょうか。
第13回文化庁メディア芸術祭アニメーション部門大賞を受賞するなど非常に評価の高い映画となってます。

images (1).jpg


細田守監督はサマーウォーズの前に時をかける少女を発表しています。私はその作品がとても好きだったので、サマーウォーズも観なければなーと思うの同時に、まずインターネットや人口知能を扱うというテーマに非常にそそられるものがありました。まあ在り来たりと言われればそうかもしれないですが、近い将来インターネットの崩壊や人口知能の暴走といった、現実であってもおかしくないような出来事を、アニメーション風にではありますが見事にまとめていると思います。

hirano0805-23.jpg


映像に関してももちろん美しいです。特に音楽では「仮想都市OZ」という曲がとてもきれいで、OPに流れるのですが、映画に対する期待感、わくわく感が一気に上昇します。音楽を聞くのも映画を観る上での醍醐味と思ってるので期待感等が得られるのはかなり重要です。
また、角川書店より小説も発売されていますのでぜひ映画を観てから、もしくは先に読んでもらえたらより深く映画を理解できるのかと思います。


そうそう、細田監督は2000年に「デジモンアドベンチャー ぼくらのウォーゲーム!」という映画を製作しておりまして、設定がサマーウォーズに似てると話題になりましたね。ここで話すのもあれですのでいずれ備忘録を書いてこうと思います。